FC2ブログ

おやぢのGadget Diary!

Yahoo!Blogから引越ししてきました

韓国産ひらめ「寄生虫クドア」の食中毒増加で輸入規制へ



アノ国の日本バッシングに対抗?
アノ国で捕れたヒラメを輸入規制、別に対抗する必要はなく、寄生虫予防のため!
さすが寄生虫の国、ヒラメにも寄生虫か~ヒラメだけじゃなく全ての食材食品も検査が必要だろ、安全とか安心ができないもんね、アノ国。

韓国産ひらめ「寄生虫クドア」の食中毒増加で輸入規制へ

 本格的な食中毒シーズンを前に、厚生労働省は30日、寄生虫のクドアによる食中毒が頻発している韓国産ひらめなどの輸入水産物に対して、モニタリング検査を強化すると発表した。韓国は東京電力福島第1原発事故後、福島など8県産の水産物の輸入禁止を続けていることから、事実上の対抗措置だと指摘する声もある。
 厚労省によると、韓国産の刺身用ひらめが原因で起こったクドア食中毒は、2015年~2018年にかけて計30件、患者数は300人を超えている。今年4月も島根県のホテルや居酒屋であいついだばかりだ。

 クドアは花のような形をしている寄生虫で、魚の筋肉に寄生し、食後数時間で、下痢や嘔吐を引き起こすことで知られている。厚労省は6月以降、輸入時に検疫所で行うモニタリング検査を、従来の2倍に増やし、安全性の確保につとめると発表した。
 また、昨年にはウニのむき身による腸炎ビブリオ食中毒も発生したことから、生食用のウニやアカガイ、タイラギガイ、トリガイについてもモニタリング検査を強化する方針だ。
 特定の国の水産物を対象にした検査の強化は極めて異例のため、菅官房長官は30日の会見で、「韓国の輸入規制に対する事実上の対抗措置ではないか」と問われたが、「近年、韓国産クドアによる食中毒が発生している現状を踏まえて、国民の健康を守る観点から実施する」と説明した。

スポンサーサイト



トロフィー踏みつけた韓国U-18代表、優勝剥奪処分 どこまでバカなんだろうねぇ(笑)



バカ人間の本領発揮、アノ国らしいわ(笑)反則や審判の買収、偏狭な政治的問題ではなく、下品な行動で優勝剥奪!

トロフィー踏みつけた韓国U-18代表、優勝剥奪処分

イメージ 1

中国・成都で行われたサッカーのユース大会、パンダ・カップのトロフィーを足で踏むU-18韓国代表の選手。Osports提供(2019年5月29日撮影、同30日公開)。
【AFP=時事】(更新)中国で行われたサッカーのユース大会で、優勝したU-18韓国代表の選手が足でトロフィーを踏んで喜んでいる写真が公開された問題で、大会を主催した中国側は30日、韓国チームの優勝を剥奪した。
 問題を受けて韓国チームの選手やスタッフが「中国の全国民」に向けて謝罪していた。
 成都で開催された年に1度のユース国際大会「パンダ・カップ」で、韓国代表は29日の中国戦に3-0で勝利し優勝を決めた。だが試合後に選手が取ったこの敬意を欠く行為が批判の対象となっていた。
 選手が足でトロフィーを踏む様子を捉えた写真は中国メディアやSNSで大きくとり上げられ、大会組織委員会は、韓国側の振る舞いを「重大な侮辱行為だ」と批判していた。
 さらに中国メディアが、選手らがトロフィーに向かって小便するふりもしていたと伝えると、怒りの声はさらに強まり、成都サッカー協会も、謝罪では不十分だと明言。
 同協会は中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で、トロフィーを踏んだ選手の行為を「下品」と非難。「スポーツの倫理および精神に反するチームと選手の参加は歓迎されない」と警告し、韓国チームの同大会への今後の出場禁止の可能性も示唆した。 【翻訳編集】AFPBB News

韓国IT業界、ファーウェイへの対応で板挟みに―中国紙



デジャヴ?なんか前にも同じようなこと。アノ国のコウモリみたいな性格が仇、ちゅうか何千年も続いてきた宗主国と属国の関係はそう簡単に治らない。アメリカの独裁国いぢめで独裁国のHUAWEIはピンチ、本来なら協力なライバルのHUAWEIをたたきつぶす絶好のチャンス、でも反対に独裁国から踏み絵をせがまれている。どうするか、アノ国。
韓国IT業界、ファーウェイへの対応で板挟みに―中国紙
2019年5月29日、中国紙・環球時報は、韓国のIT業界が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への対応で板挟みになっていると報じた。 

記事は、聯合ニュースや毎日経済新聞、朝鮮日報など複数の韓国メディアの報道を引用し、韓国のサムスン電子、SKハイニックス、サムスンディスプレー、LGディスプレー、LGイノテックなどの主要IT企業は、米国が求めたファーウェイとの取引制限に今すぐ同調せず、取引を継続する方針を固めたようだと報じた。 

聯合ニュースによると、来韓したファーウェイの役員が、サムスン電子やSKハイニックス、LGディスプレーなどを訪ねて、米政府の圧力と、欧州、日本の一部企業との取引停止という事態に懸念を示すとともに、部品供給に協力を求めたところ、一部の韓国メーカーは、「部品供給を中断する計画はないため、安心していい」という趣旨のメッセージを伝えたという。 

毎日経済新聞は、韓国のIT企業が米国に従わなかった背景として「ファーウェイとの密接な協力関係と巨大な中国での利益」を指摘する声があると伝えている。 

聯合ニュースによると、韓国のIT企業が懸念しているのは、米国の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備をめぐって中国が反発した時のように、中国で再び韓国製品に対する大々的な不買運動が起きかねないことだとの見方も出ている。朝鮮日報は「米国の要求に従えば、韓国企業の損失は数十億ドル以上に達する」との分析を伝えている。(翻訳・編集/柳川)

韓国の原発“デタラメ”運営実態! 文大統領「40年間事故なし」は大ウソ



イメージ 1
原発だけじゃないだろ、科学分野で一人もノーベル賞もらってないし、科学的ではないアノ国が原発だなんて千年早い(笑)こんなにヤバい半島の原発、北から砲撃されたらそれこそ大惨事、放射線汚鮮も怖いけどいまだアノ国に警戒心を持たない人が多い。

韓国の原発“デタラメ”運営実態! 文大統領「40年間事故なし」は大ウソ 
室谷克実 新・悪韓論
 韓国の原子力発電所の3分の2は日本海側にある。とりわけ、釜山から蔚山(ウルサン)にかけての地域が原発密集地域だ。ここで大事故が勃発したら、西日本はモロに被害を受ける。

 ところが、日本のマスコミは概して韓国原発の“日常的な事故”に鈍感だ。日韓両国の反原発活動家も、「危険な韓国の原発」には大声を上げず、「より安全性が高い日本の原発」に牙を向けている。不可解さを禁じ得ない。

 5月10日午前、黄海側にあるハンビッ原発1号機で事故があった。この原発は昨年8月に運転を停止し、原子力安全委員会が86項目の検査を実施していた。検査合格の初日に「蒸気発生器で高水位現象が発生し受給水ポンプ稼働が自動で停止」(中央日報5月12日)した。

 10日午前の事故の報道が、なぜ12日午後なのか。いや、それでも報道しただけマシというべきか。国営通信社の韓国語サイトを検索しても、何も出てこなかったのだから。

 21日になって、ようやく中央日報の続報があった。

 「10日午前10時30分。制御棒制御能力測定試験中に原子炉の熱出力が事業者の運営技術指針書制限値の5%を超過して約18%まで急増。午後10時2分になってようやく原子炉を手動停止」「関連免許がない職員が制御棒を操作した」「当時の現場運転員は関連規定を熟知していなかった」

 制限値を18%もオーバーしているのに、自動停止機能が働かず、手を付けられないまま12時間近くが過ぎたところで、やっと手動停止に成功した-ということなのだろう。21日の記事の末尾に、こうある。

「1月21日には月城3号が自動停止し、停止過程で煙と火花が出る事故もあった」「1月24日には定期検査を終えて稼働を準備していたハンビッ2号が突然停止した。運転員が蒸気発生器を誤って操作したことで発生した」

 その都度は報道せず、まとめてお知らせだ。

 日本に最も近い古里(コリ)原発は、1990~97年にかけて、放射性物質ヨード131の排出量で世界最高を記録した。

 その古里原発で14年8月、集中豪雨で統合状況室が浸水し、運転を停止したことがあった。念のため、津波によるのではない。

 同年9月には、やはり古里原発で溶接部分の定期検査が30年にわたり、指定箇所とは違う部位を対象に実施していたことが分かった。17年3月には、海洋管理法で有害液体物質を消泡剤として使用していただけでなく、それを海洋投棄していたことも判明した。

 もう滅茶苦茶だ。が、それにもかかわらず、多くの韓国人は「わが国の原発技術は世界屈指の水準」と信じているようだ。政権中枢もそうらしい。それで国内では“左翼環境原理主義”に基づく脱原発を掲げる一方、海外では原発建設の受注に向けて動いているのだ。

 それにしても、平気でウソを言える韓国人の能力には感心する。

 「韓国は現在24基の原発を運営中だが、過去40年間の運営で1件の事故もなかった」

 これは昨年11月、チェコを訪問した文在寅(ムン・ジェイン)大統領がチェコの首相に述べた言葉だ。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。著書・共著に『悪韓論』(新潮新書)、『崩韓論』(飛鳥新社)、『韓国リスク』(産経新聞出版)など多数。

BLACKBERRY PASSPORT IN 2019! (Still Worth It?) (Review)



BLACKBERRY PASSPORT の 2019年モデル?
縦長モデル全盛にこのスクエア画面って逆に新鮮な感じ。
iPhone にも Androidも飽きてきたから新しいモノを期待しちゃうけど、このBlack Berry Passport も Android OSかな?
スクエアな画面って何に向いているのか興味がある。
電子書籍なんかには良いのかもしれないね。

BLACKBERRY PASSPORT IN 2019! (Still Worth It?) (Review)

NHKまたやらせ発覚 「レンタル家族」利用客、実はスタッフだった!? 「クローズアップ現代」の教訓生かせず…



やらせ”番組を世界に配信したNHK、ネット配信じゃなくてよかったかな?
ヤラセ、NHKに限らずテレビの世界はヤラセが横行しているだろ。

NHKまたやらせ発覚 「レンタル家族」利用客、実はスタッフだった!? 「クローズアップ現代」の教訓生かせず… 


 とんだ赤っ恥だ。NHKの海外向けサービス「NHKワールド JAPAN」で昨年11月に放送した“レンタル家族”をテーマとしたドキュメンタリー番組が、実は“仕込み”を使ったやらせだったというのだ。番組は外部スタッフが製作したもので、NHKはチェックが甘かったとしているが、『クローズアップ現代』で起きたやらせ疑惑の教訓は生かされていないのか。

 やらせ疑惑は30日発売の「週刊新潮」が報じた。昨年11月放送のドキュメンタリー番組『Inside Lens』では、“レンタル家族”サービスを利用する男女3人の依頼者を追ったが、この依頼者自身が実はサービスを行う会社のスタッフだったというのだ。

 “レンタル家族”とは客の依頼に応じて会社のスタッフが妻や娘などを演じるサービス。同誌は番組に登場したのは「ファミリーロマンス」という会社であると指摘。同社は、NHKや民放局でたびたび紹介されている。

 29日に会見したNHKは事実を認めた上で謝罪。週刊誌の指摘を受けて、同社の石井裕一社長(38)や製作した外部のフリーディレクターらに聞き取り調査を行ったところ、依頼者3人とも同社のスタッフだと判明。NHK側は3人とも実名だと思っていたが、うち2人は偽名だった。

 NHKによると、石井社長は自分の独断で行ったと説明し「顔出ししてくれる利用客がいなかったので、利用客もスタッフに頼んで演じてもらった」と謝罪したという。

2015年には『クローズアップ現代』でやらせ疑惑が浮上。取材した記者や報道局長などが処分され、さらには再発防止策として、全ての制作過程でチェックを強化していたはずだった。

 今回は「(出演者が)顔出し(出演)でチェックが甘かった」と説明したNHK。「『クロ現』問題以降、匿名インタビューのチェックは厳しくなりましたが、それでもすべての部署で徹底されているわけではないのが実情」とNHK関係者は明かす。

 同番組はケーブルテレビやネットでも視聴でき、再放送も含めてすでに8回放送されている。世界160の国と地域に配信されているというから、何ともバツが悪い。

蓮舫議員、桜田氏の「子どもを最低3人くらい産むように」発言に怒り「論外」「どれだけ女性を追い詰めて」 おやぢの言うことなんか誰も聞かないだろ(笑)



発言より発言に噛み付く変な議員。法律で決まっている訳でも強制でもなく、少子化対策の一番の得策は子供をいっぱい産んでくれること。このオバハンが喋ると波風が起こる。

蓮舫議員、桜田氏の「子どもを最低3人くらい産むように」発言に怒り「論外」「どれだけ女性を追い詰めて」
立憲民主党の蓮舫参院議員(51)が30日、自身のツイッターを更新。自民党の桜田義孝前五輪相が「子どもを最低3人くらい産むように」などと発言した問題に私見をつづった。
 桜田氏は29日に千葉市で開かれた会合で少子化問題に言及し「お子さんやお孫さんにぜひ、子どもを最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」と発言。その後、「誰かを傷つける意図はなかった」などと釈明していた。
 蓮舫氏は桜田氏の発言について「論外。お腹に10ヶ月。母になる嬉しさはもちろんあるが、仕事があるならば育休、産休と両立の不安に待機児童の問題。高齢出産ならば、お産そのものへの不安。経済面での不安さえ、ある。産むことはとても簡単な時代ではない。その認識さえもない、のか」とツイート。
 さらに連続ツイートで「だめだ。朝から嫌な気持ちがおさまらない。『お子さんやお孫さんに』『子ども3人を』『お願いして』『結婚しない女性が増えた』おそらく。無邪気なまでの発想発言なのかもしれないが、この男性の意識がどれだけ女性を追い詰めてきたのかを桜田前大臣は知るべきだ」と指摘した。

軽空母、ステルス戦闘機…急速に進む日本の軍事大国化



面白いねぇアノ国のメディアは。
急速に進む日本の軍事大国化!既に軍事大国化しているアノ国と比較するといい勝負、戦争中であり国民皆兵制で兵隊さんの数は日本の倍もいるだろ(笑)どっちが大国?人口や国力からしてアノ国の方が軍事大国だねぇ。

イメージ 1

軽空母、ステルス戦闘機…急速に進む日本の軍事大国化

ソフトバンク、5Gでファーウェイ選定せず-エリクソンとノキア



つまらないなぁ~急にいい子ぶっちゃって。
価格破壊は最近やらないし、料金もサービスも他社横並び。
性能が良くて安い独裁国製品、使いたいけどつかえない!ってか、日本国内よりも独裁国よりもアメリカの顔色を見ているからかね?

ソフトバンク、5Gでファーウェイ選定せず-エリクソンとノキア
(ブルームバーグ): ソフトバンクは29日、第5世代(5G)移動通信システムの提携先としてスウェーデンのエリクソンとフィンランドのノキアを選んだ。中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)は選定されなかった。
  ソフトバンクは従来、ファーウェイの基地局設備を採用し、5Gで共同開発や実証実験を行っていた。ただ米国政府によるファーウェイに対する禁輸措置を受け、22日にはファーウェイ製の新型スマートフォンの発売を延期していた。
  5Gに関しては、米国が安全保障上の脅威があるとして、ファーウェイなどの製品を使用しないよう同盟国に促している。日本政府は昨年12月、中央省庁や自衛隊が行うIT(情報通信技術)関連の調達には安全保障上のリスクを考慮するとの方針を策定した。


アノ国の軍事費は何につかわrているのか? 航空母艦は当面作れないだろうし



良く調べたね、帝国海軍のこと。
アノ国の海軍パワーはどうだか知らないけど、空母は作れないだろ。揚陸艦毒島は豪華客船だし、満足な船造りができない。ましてや実戦経験がない戦艦は期待できないもんね、日本の海軍パワー、自衛隊艦船が気になってしょうがない。自衛隊の戦力強化は半島南部含め東アジアの平和に役立つ。何を恐れているのかね?

韓経:【コラム】復活する日本の「海軍パワー」中央日報
https://s.japanese.joins.com/article/930/253930.html

「性能が同水準の味方の戦闘機5機と敵軍の戦闘機3機が空中戦を行えばどうなるだろうか。最終的に生き残る味方の戦闘機は2機でなく戦力差の自乗数である4機だ」。英国の航空学者フレデリック・ランチェスターは第1次世界大戦を分析した後、「戦闘結果の格差は双方の戦力差の自乗ほど広がる」という事実を明らかにした。これを「ランチェスターの法則」という。 

  近現代の海戦でも大きな戦艦と大口径艦砲の「巨艦巨砲戦略」が有利だった。空母の塔載機数もまた多いほど勝つ確率が高かった。 

  早くから空母戦力を強化した日本は1921年に世界初の空母「鳳翔」を進水した。1941年12月にハワイの真珠湾を空襲する時に戦力の主軸となったのも空母だった。その時先鋒に立った空母の名前は「加賀」だった。この空母は1942年6月のミッドウェイ海戦で米海軍に撃沈された。 

  「加賀」が沈没して75年ぶりの2017年に発音が同じ大型戦艦「かが」が就役した。全長248メートル、全長38メートル、満載排水量2万7000トンで、戦闘型ヘリコプター離発着甲板と大規模格納庫を備えた。日本は空母でないと否定したが、昨年戦闘機を搭載できるように改修することを決めた。 

  「かが」の甲板を改造すればヘリコプターだけでなく垂直離着陸ステルス戦闘機F-35Bまで運用できる。日本が米国から追加で購入する戦闘機105機のうち42機がF-35Bだ。安倍晋三首相は「垂直離着陸機(F-35B)が導入されれば自衛隊の防衛能力が驚くほど強化されるだろう」と強調した。「かが」は昨年南シナ海と西太平洋、インド洋などで米軍と合同演習をした。 

  一昨日は日本を訪問中のトランプ米大統領が安倍首相とともにこの船に乗り「日本は世界各地で活躍している米軍の信頼できるパートナー。『かが』を通じさまざまな地域の紛争解消に寄与できるだろう」と話した。外信はこれに対し「日米同盟が新たな段階に入ったことを見せる象徴的な事件であり、中国と北朝鮮などを狙い両国の力を世界に誇示したもの」と分析した。 

  日本が「かが」と同じ大型戦艦4隻を軽空母に改修する計画を終えれば、米国、中国に次いで強力な空母戦団を保有することになる。これまで「安保は米国に任せて経済に重点を置く」としていた日本が今後自衛隊を「盾」でなく「槍」として使う可能性も排除することはできない。真珠湾を空襲した「加賀」も最初は戦艦として進水し後に空母に改造された。