FC2ブログ

おやぢのGadget Diary!

Yahoo!Blogから引越ししてきました

妄想空想歴史映画 韓流の歴史モノは事実ではなく思い入れ、ないものねだりの映画だねぇ



イメージ 1

また妄想空想歴史映画が韓国で作られているんだねぇ。
自分から頼み込んで日本に併合してもらったくせに植民地(笑)
併合されても独立運動、でも独立はできない根性なし(笑)
おまけにテロリストが支那で反政府テロ組織を結成し臨時政府!どこからも承認されない反社会勢力だ(笑)

[韓流]「三・一独立運動」題材の映画 来年相次ぎ公開

映画は凡人を洗脳するのに最適。
嘘の歴史を刷り込まれた凡人がまた妄想空想の歴史を信じてしまう。

スポンサーサイト



大韓航空機の一部路線で正しく「日本海」と表記 半島の東にある海は昔から日本海だよ



バカ民族、まだこんな事で騒いでいる。
朝鮮半島の東にある海は昔から「日本海」。
おバカな国で東にある海を自国の表記を日本海に括弧付きで入れるなら分かるけど。おバカ民族は半島の西側の海を西海と読んでいるけどそこは昔から黄海。
独裁国中共にも同じ主張をしているのかな?するわけないか元宗主国だし(笑)

東海表記:大韓航空機、一部路線の客席モニターに「日本海」
大韓航空の一部路線で客席モニターに映し出される地図に東海が日本海と表記され問題となっている。
 大韓航空が30日に明らかにしたところによると、大韓航空B787-9旅客機の座席前に設置されたモニターに映し出される地図で、東海が日本海と表記されている。英語で「Sea of Japan」と表記されているのだ。この機種は昨年3月に大韓航空が韓国ではじめて導入したボーイング社の最新機種で、「夢の航空機」とも呼ばれている。大韓航空が保有する旅客機は全部で143機あるが、うちこの機種は9機だ。大韓航空によると、この9機のうち7機で問題が発生したという。
 大韓航空は「今月27日にB787-9のモニターシステムを3Dにアップグレードした。その際、地図ソフトの制作会社が間違った情報を入力したが、確認ができなかった」「31日までに修正を完了させたい」とコメントした。ソフトウェアは海外企業が制作したものだという。
 大韓航空は2012年にも自社ホームページ上の地図に東海を日本海と表記し、問題となったことがある。この地図はグーグルマップと連動していたため問題が生じた。現在、グーグルなど一部海外のネット企業は韓国国内でサービスを行う際には地図に東海と表記し、海外では東海と日本海を併記している。

何で北朝鮮難破船救助に韓国海軍がでしゃばるのか?



やっとおバカな人たちもきがついたか?
北朝鮮の難破船救助に韓国海軍がでしゃばるのか。
日本海で北朝鮮と韓国が何かやっているのかもしれない。

レーダー照射:北船舶救助に韓国主力艦投入、「慎重さ欠く」との指摘も
日本メディア「安倍首相が哨戒機映像公開指示」
韓国大統領府も国防部に「強い対応」指示
 韓日「レーダー問題」で、日本の防衛省が自衛隊哨戒機の映像を公開したのは、安倍晋三首相の指示によるものだったと日本の各報道機関が29日、報じた。韓国側も、大統領府が国防部(省に相当)に「強い対応」を指示したと言われており、今回の事態は軍にとどまらず政府同士の確執に拡大する様相を呈している。
 日本の各報道機関は、安倍首相が27日に岩屋毅防衛相を首相官邸に非公式に呼び出し、日本の自衛隊哨戒機が今回の事態が発生した20日に空中で撮影した映像を公開するよう指示した、と報じている。岩屋防衛相は韓国との関係改善を重視して難色を示したが、安倍首相が押し切ったとのことだ。
 東京新聞は、慰安婦財団の解散や強制徴用判決などで「安倍首相は韓国に対し相当頭にきていた」という自民党関係者の発言を伝え、こうした状況でレーダー問題が発生したため、「安倍首相の不満が爆発したもようだ」と報道した。毎日新聞は、安倍内閣がこの映像を公開しなければ、日本国内の世論が悪化するかもしれないことも考慮したとの見方を示した。つまり、国内世論対策の一環だということだ。
 韓国軍は、日本側が今回の事態に敏感に反応しているのは韓国海軍駆逐艦「広開土大王」が日本の領海近くで行動していたためと見ている。「広開土大王」は当時、北朝鮮船舶の救助を理由に独島(日本名:竹島)南東の漁場・大和堆(たい)近くまで数百キロメートル航海していた。韓国政府関係者は「遭難した北朝鮮船舶が正確にどのような種類なのか、どんな事態が起こっていたか分からない状況だったので、韓国軍艦艇も当然、現場に行かなければならなかった」と説明した。しかし、「韓日が外交的に敏感なこの時期、海洋警察の船舶を投入すれば十分な救難任務に海軍の主力艦艇を投入したのは慎重さに欠けていたのではないか」との指摘もある。

中共スマホに限らず iPhone、Androidスマホは分解が難しいし電池交換が自分でできない



最近、電池交換が自分でできないスマホ、ケータイ。
Nokiaはできるけど、iPhoneもAndroidのスマホはほとんどできない。
筐体を薄く小さくする設計以外に裏蓋を簡単に外せなないのは中を覗かれたくないからなんだろうね。

中華スマホを分解してCPUを見てみた【LEAGOO T5c】

今噂の独裁国中共のスマホ、疑惑を晴らすためにも誰か分解して部品のチェックとかする人はいないのか?それより技適マークってこういう時に疑惑解明の役に立つべきだと思うな、公的機関、第三者機関でもいいけど、分解やら実験を繰り返し内容を確認してくれないかね?

ベトナム侵略戦争 傭兵韓国軍の悪行三昧の調査文書目録を公開せよ!



戦犯国韓国!
アメリカのベトナム戦争に傭兵として参加した韓国。
戦争には勝てず、民間人大虐殺に戦時性暴力、日本の職業慰安婦とは違い強制連行で無休、強姦も当たり前。おまけに祖チンに合う避妊具がないのか、大量の韓国軍将兵の混血児を産み捨て。その数ベトナム戦争に派兵された兵力の約1割以上の三万人以上!悪逆非道の韓国軍の非人道的な罪悪はなぜか放置されたまま。

「ベトナム虐殺参戦軍の調査文書目録を公開せよ」判決…国家情報院の上告放棄で確定 : 政治•社会 : hankyoreh japan
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/32420.html
民間人虐殺関連者を調査した文書の目録 
1・2審ともに「文書目録公開せよ」判断 
「外交的理由」挙げて拒否した国家情報院 
20日の上告期限までに上告状提出せず 
「裁判所の判断を尊重し迅速に情報公開すべき」
 「ベトナム民間人虐殺関連情報を公開せよ」という裁判所の判決が、国家情報院の上告放棄により確定した。国家情報院は関連情報を直ちに公開しなければならないという声が上がっている。
 23日、裁判所によれば、訴訟当事者の国家情報院はソウル高裁行政7部(裁判長キム・ウジン)に上告期限である20日までに上告状を提出しなかったことが確認された。情報公開の取消処分が確定した場合、当該機関は関連情報公開の可否を再審査しなければならないが、以前と同じ理由を挙げて情報非公開処分を下すことはできない。行政機関が異なる理由を挙げて再び非公開処分する“便法”を使ったとしても、行政訴訟で敗れるケースが多く、関連情報を公開するケースが大部分だ。
 キム・ナムジュ弁護士(民主社会のための弁護士会・ベトナム戦民間人虐殺真相究明TF)は、ハンギョレとの通話で「1968年のフォンニィ・フォンニャット事件の調査がなされたという事実が韓国政府の公式資料を通じて公開されるのは今回が初めてだ。国家情報院は、裁判所の判決に則り関連情報を速かに公開しなければならない」と話した。
■裁判所が受け入れなかった国家情報院の主張は?「NCND基調を維持せざるをえない」
 今年7月、ベトナム戦争当時の民間人虐殺に加担した韓国軍を調査した訊問調書が国家情報院に保管されている情況が、裁判を通じて確認された。昨年8月、民主社会のための弁護士会のイム・ジェソン弁護士(法務法人 ヘマル)は、国家情報院を相手に「(フォンニィ・フォンニャット虐殺に加担した)チェ・ヨンオン中尉ら3人を調査した後に作成した文書を公開せよ」という情報公開請求を出したが、非公開処分を受けた。ソウル行政裁判所に訴訟を起こした結果、1972年8月14日、マイクロフィルム化作業部署でこの調書などを長期保管するために、マイクロフィルム形態で撮影・保管する作業をしながら「関連文書目録」が作られた事実が明らかになった。1・2審裁判所は相次いで「関連情報を公開せよ」と判断した。
 裁判所は「外交的不利益」を理由として情報公開は困難という国家情報院の主張を受け入れなかった。国家情報院側は「(文書目録が)国家安全保障・国防・統一・外交関係などに関する事項であり、公開されれば国家の重大な利益を顕著に害する恐れがある」と主張した。情報公開法(第9条第1項第2号)は「国家安全保障・国防・統一・外交関係などに関する事項で公開される場合、国家の重大な利益を顕著に害する恐れがあると認められる情報」は非公開とすることができるとしている。
「大韓民国とベトナムの間に『ベトナム戦民間人犠牲事件』に対するいかなる合意もなされていない状況で(関連情報について)確認も否定もしないNCND(Neither Confirm Nor Deny)の基調を維持せざるをえない」
 国家情報院は、その過程で“NCND”(肯定も否定もしない)基調にも言及した。「韓国が当該事項(ベトナム民間人虐殺関連情報)の存在や真偽を外国に公式に知らせなかったり確認しないことが外交政策上の利益になる」ということだ。国家情報院側の説明によれば、ベトナム政府が謝罪や賠償を要求しても、韓国政府がそれにどのように対処するのか“ロードマップ”自体が用意されていない状態だ。だが、2審裁判所は次の通り明らかにし、国家情報院側の主張には理由がないと見た。「大韓民国政府とベトナム政府の間で民間人虐殺問題が外交イシューに浮上しておらず、ベトナム政府が公式に大韓民国政府に意思を聞くなどの意志を表明していない。大韓民国の外交的交渉力に悪影響を及ぼすとは推測判断しがたい」
http://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2018/1223/154556812541_20181223.jpg
今月22日、ソウル市麻浦区の文化備蓄基地で開かれたベトナム戦争当時民間人虐殺真相究明のための「市民平和法廷」に原告のグエン・ティ・タン氏(前列左側と右側の同名異人)が参加している=パク・ジョンシク記者//ハンギョレ新聞社
■ 「ベトナム民間人虐殺調査」政府公式認定・真相究明の端緒
 「フォンニィ・フォンニャット民間人虐殺事件」は、1968年2月12日、ベトナム戦争に投入された韓国軍青龍部隊(海兵第2旅団)がベトナム中部のクアンナム省フォンニィ・フォンニャット村の住民74人を殺害した事件だ。当時参戦軍人だったチェ・ヨンオン中尉(当時、海兵浦項(ポハン)上陸戦基地司令部訓練校長管理隊射撃長補佐官)、イ・サンウ中尉(慶尚南道鎮海(チンヘ)海兵学校区隊長)、キム・キドン中尉(浦項パウエル特殊教育隊勤務)らを調査した結果に基づいて、訊問調書などが作成された。1972年8月14日、マイクロフィルム化作業部署でこの調書などを長期保管するためにマイクロフィルム形態で撮影・保管する作業をしながら「関連文書目録」も作られた。
 この文書目録が公開される場合、政府機関がフォンニィ・フォンニャット事件に関連した調査を進めたという事実を初めて公式に認めるかたちになる。チェ中尉ら3人は、2000年5月、ハンギョレ21を通じて「1969年に中央情報部で民間人虐殺事件調査を受けた」と初めて証言したが、情報当局は沈黙した経緯がある。ベトナム民間人虐殺の真相究明と国家賠償請求も力を得るものと見られる。文書を通じて調査対象者、調査範囲、調査方向などを把握し、陳述調書の他に別の文書が作成されたのか追加情報公開請求に出る可能性もある。
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今年3月、ベトナムを国賓訪問し「私たちの心に残っている両国間の不幸な歴史について遺憾の意を表わす」と明らかにしたが、韓国政府が韓国軍のベトナム民間人虐殺事実を認め、これについて公式に謝ったことはない。韓国軍は、1964年9月から1972年までに31万2千人余りをベトナムに派兵したが、この期間に韓国軍によるベトナム民間人虐殺は80件余り、被害者数は9千人に達すると推測される。
コ・ハンソル記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

白人は何で鯨を神格化するのか?やっぱ絶滅の危機に追いやった罪悪感か



白人にとって鯨は畏敬の念を抱かせる海獣なのか?
鉱物資源、鯨油を求め世界の果てまで追いかける姿は前世紀の植民地施策と同じ。
日本の近代化のきっかけ、黒船来襲も海洋資源を太平洋に求めるアメリカのおかげだし、食材と贖罪、日本人の主張と白人の主張は噛み合うことはない。
鯨を巡って議論が盛ん、不思議なのは支那には鯨の料理がない。これは海洋国家ではなく大陸国の証か。何でも貪欲に食べるのに鯨は食べない。


映画 『白鯨との闘い』特別映像1【HD】2016年1月16日公開

ワーナー ブラザース 公式チャンネル
2015/12/25 に公開
名著『白鯨』の、隠され続けてきた衝撃の実話。
伝説の白鯨との死闘。
生き延びる為に、男たちが下した”究極の決断”とはー

ロン・ハワード監督が描く、
名著『白鯨』の陰に隠され続けてきた真実。
伝説の白鯨との死闘。
そして、生き残る為に男たちが下した“究極の決断”とは?
陸地から隔絶された太平洋沖で、30メートルを超える伝説の巨大な白い鯨に襲われた捕鯨船。名著「白鯨」の原点ともなったその海難事故で、実際には何が起きていたのか?
この映画は、不朽の名作「白鯨」に隠されてきた真実を描き、アメリカで最も権威ある文学賞のひとつ、全米図書賞のノンフィクション部門を受賞した『白鯨との闘い』を原作に、『アポロ13』『ビューティフル・マインド』の名匠ロン・ハワードが、白鯨と死闘を繰り広げた男たちの生還までの姿を描き切った渾身の超大作。生きるすべのない大海原を舞台に、見たこともない巨大な相手との、息もつけない闘いが、恐るべき臨場感とかつてない迫力で描かれる!そして船を破壊され、大海に放り出された男たちを待ち受ける壮絶な試練。
――信念を貫いた男達の、命の物語があなたを待っている。
主演は『アベンジャーズ』『ラッシュ/プライドと友情』のクリス・ヘムズワース。人望厚いベテランの一等航海士を熱演。銛ひとつで何頭もの鯨を仕留めてきた勇者には、揺るぎない信念があり、妻とまだ見ぬわが子のために、必ず帰って来るという誓いがあった。リーダーとして仲間を率い、守り、闘ってきた男が、死と隣り合わせの状況にあってなお諦めず、生き延びるために下した“究極の決断”とは――?
名匠ロン・ハワード監督が壮絶な実話をもとに、人間の真実の姿を曇りなく捉えた、本物と呼べる正真正銘の力作。アカデミー賞Rレースへの期待も高まる渾身の超大作

『白鯨との闘い』2016年1月16日公開

出演:クリス・ヘムズワーズ, ベンジャミン・ウォーカー,キリアン・マーフィー,ベン・ウィショー,トム・ホランド,ブレンダン・グリーソン

監督:ロン・ハワード
オフィシャルサイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/hakugeim...

自衛隊 海外ではアーミー!バカなんだねぇ あ、韓国って海外ではサウスコリアだねぇ



バカなのか(笑)
自衛隊は外国ではアーミー、海上自衛隊はネービー、世界の人はみなそう言う。
韓国はサウスコリアだよね、韓国と言うのは日本ぐらい。

今度は「JAPAN NAVY」に韓国反応 「野心明らかに」「安倍政権の志向投影」
「JAPAN NAVY」――。韓国側が今、過敏に反応しているのは、この9文字だ。レーダー照射問題は発生から10日を迎え、解決の糸口を見出すどころか、ますますこんがらかり続けている。

政府が2018年12月28日公開した海自哨戒機「P-1」撮影の動画は、内外に大きなインパクトを与えた。

むしろ哨戒機の「接近」とがめる論調強く

「あー出してます。FC系(編注:火器管制レーダー)出してる」「THIS IS JAPAN NAVY、THIS IS JAPAN NAVY」――搭乗者の肉声も含むこの生々しい動画は、国内では日本側の主張を裏付けるものとして、広く受け止められている。
だが韓国側の評価は真逆だ。「客観的証拠としてみなすことはできない」とした国防省報道官をはじめ、特にメディアでは、むしろ日本側の「非」を明らかにしたものだ、という主張さえ少なからずみられる。
たとえば、韓国大手紙・中央日報(ウェブ版、以下同じ)は「韓国軍関係者」が件の映像を分析した結果として、哨戒機が駆逐艦「広開土大王」に「500メートルの距離まで接近し、150メートル上空で威嚇的に飛行した」との見解を載せ、これは北朝鮮船の救助を妨害する「非紳士的な行動」だと断じた。
日本側は動画の中でも、「国際法や国内関連法令で規定されている高度及び距離以上で飛行」している旨のテロップを表示し、こうした主張に反論している。だが韓国メディアでは、日本側が根拠として挙げる「規定」は今回のケースでは当てはまらないとして、「(日本側は)国際法を理解していない」といった議論も上がる(韓国のテレビ局JTBCなど)。

日本側の「意図」読もうとする韓国

それに加えて、韓国側からの言及が目立つものがある。駆逐艦へ通信を試みた際の、「THIS IS JAPAN NAVY」という海自側の名乗りだ。前述の中央日報が、
「日本が(中略)『This is Japan Navy(こちらは日本海軍だ)』として自分たちを『海軍』と称したのも安倍政権の指向が投影された呼び方という分析も出ている」
との見方を示したのをはじめ、東亜日報系のケーブルテレビ局「チャンネルA」は、国防省の関係者談として、日本が自ら「NAVY」を名乗るのが公開されたのは「初めて」であり、「背景と意図を分析している」。さらに続けて、「軍隊を持つことができる『普通の国』を夢見る、日本の野心が明らかになったとの分析も出ている」、とした。
通信社「ニュース1」も、このような表現を使うことには「意図が隠されている」との軍関係者の声を掲載する。
海上自衛隊の正式な英語名は「Japan Maritime Self-Defense Force (JMSDF)」。一方、NAVYは「海軍」なので、直訳すれば「日本海軍」となる。韓国側の反応はこうした点を指しているものとみられる。
なお、過去の朝日新聞記事(2017年10月19日付朝刊)にある海自自衛官の談話によれば、以前から、「(多国籍軍での)任務中には無線で『ジャパン・ネイビー(日本海軍)』と自称する」という。

自国の軍が攻撃、火器管制レーダーを照射されて怒らない政治家の方がおかしいのに、韓国の与野党政治家はみんなバカだ!



韓国の逆恨みか、己の軍が反乱を起こしているのに(笑)
軍事問題って政治の一部だし、わざとだかうっかりだかわからんけど、韓国海軍の異常さ、それがおかしいと分からない韓国の与野党、バカなんだねぇ。

レーダー映像公開「安倍首相は汚い」 韓国与野党が批判
海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から射撃用の火器管制レーダーを受けたとされる問題で、韓国の与野党は29日、日本政府の対応の背景には、安倍政権が問題を政治利用する意図があるとする論評を相次いで発表した。
 与党「共に民主党」は29日付の論評で「日本メディアは、最近支持率が落ちている安倍晋三首相が反韓感情を刺激して、保守層を結集しようとする汚いやり方で(問題となった現場の)映像を公開したと報道した」と主張。「不純な意図を持って安保を脅かす日本政府」と批判した。
 野党「正しい未来党」も同日付の論評で、映像公開について「安倍首相が韓日間の軍事問題を国内政治に利用しようとしている」と批判し、「安倍首相は真実の究明よりも、政治攻撃に集中する姿勢を即刻やめるべきだ」と主張した。(ソウル=牧野愛博)

海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から射撃用の火器管制レーダーを受けたとされる問題で、防衛省が公開した映像の一部。字幕付きの編集をしている(防衛省提供)

「日本乗組員の英語の発音が悪くて」…韓国が哨戒機映像に反論 目も悪けりゃ耳も悪い(笑)韓国の間抜けな言い分けが酷いねぇ



イメージ 1
かわいそうに、韓国の人は放射状に伸びる線を見ると精神状態が不安定になり、都合の悪い事は聞こえない。病気なんだねぇ韓国海軍の兵隊さんは(笑)

「日本乗組員の英語の発音が悪くて」…韓国が哨戒機映像に反論

  韓国海軍の駆逐艦「広開土大王艦」(DDH-971)と日本海上自衛隊の海上哨戒機P-1の間のレーダー照射問題に関連し、日本防衛省が28日、「韓国側が火器管制(射撃統制)レーダー(FC)を照射した証拠」として日本側が20日に撮影した映像をホームページ上で公開した。しかし韓国国防部は13分7秒の映像について「スモーキングガン(決定的証拠)ではない」と述べ、客観的な証拠を提示すべきという立場だ。 

  映像を見ると、6分6秒ほど進行した時点に日本哨戒機の乗組員が「あー、出しています。FCコンタクト(接触)」と報告すると、機長が「了解」と答える場面が出てくる。機長は「(電波を感知した時に出てくる)めちゃくちゃすごい音だ」とし「この音を覚えておいてください」と語った。「(電波感知に関する)データを取得した」という乗組員の発言もある。日本哨戒機の電子戦支援装備(ESM)が「広開土大王」のレーダー情報を把握したという意味だ。防衛省は日本哨戒機が3種類の周波数で計6回「広開土大王」に呼びかけたが、応答はなかったと主張した。 

  韓国の国防部と合同参謀本部は日本の一方的な主張に一つ一つ反論した。映像に出ている声は緊急状況ではない語調であり、レーダーの周波数の属性に関する情報もないという分析だ。合同参謀本部の関係者は「照準を受けたのなら日本哨戒機は回避すべきだが、映像ではむしろ左に回って広開土大王艦にさらに近づいている」と述べた。 

  日本哨戒機が「広開土大王」に英語で交信を図った内容も「(韓国の)火器管制レーダーアンテナが我々に向いている」となっている。もし照準状況であれば「照準を中止しなさい」と抗議すべきというのが、合同参謀本部の説明だ。 

  日本哨戒機の呼び出しに答えなかった理由については「日本乗務員が『Korea South Naval Ship(韓国海軍艦艇)」と呼んだが、通信状態が良くないえうえ英語の発音が悪くて『South』が『Coast』と聞こえた。海警を呼んだと考えた」と明らかにした。

  合同参謀本部はむしろ日本哨戒機が低空飛行して「広開土大王」を威嚇したと反論した。日本哨戒機は高さ150メートルで「広開土大王」から500メートルの距離まで接近した。キム・ジンヒョン予備役海軍少将は「日本哨戒機の速力が速いため、下手をすると『広開土大王』と衝突しかねない高度と距離」とし「非常に危険な行動」と指摘した。 

  この日、日本側の映像公開は電撃的だった。前日の両国当局間のテレビ会議で立場が狭まらなかったが、「協議は続く」という見方が多かった。岩屋毅防衛相は記者会見で「自衛隊の諸君に不名誉な論評もある」とし「国民に自衛隊が国際法規、国際取決めに則って適切に活動していたことを理解してほしい」と述べた。自衛隊の名誉のために公開を決めたということだ。記者会見では「(両国の協議が始まったばかりの)このタイミングに公開すべきだったのか」「最初の会議が終わった後に公開するのが両国の協議に役に立つのか」という日本記者の批判的な質問も多かった。

  これに対し国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は「両国がお互い誤解を払拭しようという趣旨で実務テレビ会議を開いた翌日に映像資料を公開したことに深い憂慮と遺憾を表す」とし「日本が公開した映像資料は客観的な証拠と見なせない」と述べた。続いて「人道主義的な救助活動に集中していた我々の艦艇に日本哨戒機が低空威嚇飛行をしたのは友好国として極めて遺憾」と指摘した。

自衛隊機へのレーダー照射は北朝鮮助けるためだった説【陰謀論】



韓国海軍の自衛隊機火器管制レーダー照射事件、まだ長引いている。
軍隊の反乱説やら北朝鮮用擁護説もでてきたけど、日本の敵である事がはっきりした今回の事件、裏にあるのはズブズブの北朝鮮忖度説か?


"自衛隊機へのレーダー照射は北朝鮮助けるためだった説【陰謀論】" を YouTube で見る
https://youtu.be/BgcyOQ-3uVQ