FC2ブログ

おやぢのGadget Diary!

Yahoo!Blogから引越ししてきました

米爆撃機と空自機が共同訓練、F35も参加し北朝鮮に圧力



米爆撃機と空自機が共同訓練、F35も参加し北朝鮮に圧力
[東京 31日 ロイター] - 航空自衛隊は31日、グアムから飛来した米空軍のB1戦略爆撃機と九州周辺で共同訓練を実施したと発表した。米軍のF35戦闘機も加わり、これまでより訓練の規模を大きくした。日本を飛び越えて弾道ミサイルを発射するなど、挑発を繰り返す北朝鮮に一段と強い圧力をかけるのが狙い。

 8月31日、航空自衛隊は、グアムから飛来した米空軍のB1戦略爆撃機と九州周辺で共同訓練を実施したと発表した。米軍のF35戦闘機も加わり、これまでより訓練の規模を大きくした。。写真はF35。2015年8月提供写真(2017年 ロイター/US Marine Corps)
日本側はF15戦闘機2機が、米側はB1爆撃機2機と、米海兵隊岩国基地のF35B戦闘機4機が参加した。空自はこれまでもB1と訓練を行っているが、最新鋭のステルス機F35が加わったのは初めて。米軍機はこの後、韓国空軍とも共同訓練を実施した。
米太平洋軍空軍のオショーネシー司令官は声明で、「前方展開している我々の兵力は、同盟国に呼ばれればすぐに駆けつけ、壊滅的な対応で応える」と述べた。
日米はこの日午前に小野寺五典防衛相とマティス国防長官と電話で会談し、北朝鮮に目に見える形で圧力をかけ続けることで一致していた。

スポンサーサイト



金正恩氏「日本人驚がくさせる」=火星12「成功」、米グアムへの前奏曲-北朝鮮



金正恩朝鮮労働党委員長は「恥辱的な韓国併合条約」が発効した1910年8月29日から107年に当たる29日に「日本人を驚がくさせる大胆な作戦計画」を立て、発射を承認!反社会勢力の因縁かぁ(笑)

金正恩氏「日本人驚がくさせる」=火星12「成功」、米グアムへの前奏曲-北朝鮮

北朝鮮の中距離弾道ミサイル「火星12」の発射訓練を見詰める金正恩朝鮮労働党委員長=30日の朝鮮中央通信電子版より
 【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮中央通信などは30日、中距離弾道ミサイル「火星12」の発射訓練が29日に行われ、「成功した」と報じた。金正恩朝鮮労働党委員長は「恥辱的な韓国併合条約」が発効した1910年8月29日から107年に当たる29日に「日本人を驚がくさせる大胆な作戦計画」を立て、発射を承認したという。
 金委員長は発射訓練に立ち会い、「(訓練は)米グアム島をけん制する前奏曲となる」と強調。「引き続き米国の言動を注視し、今後の行動を決める」と警告した。
 また、「米国の態度を見守るとしたわれわれの警告に対し、米国は好戦的な侵略戦争演習で応えた」と非難。「米国を言葉で相手してはならず、行動で見せなければならないというのが今回改めて得る教訓だ」と指摘し、「(ミサイル発射訓練は)断固たる対応措置の序幕にすぎない」と主張した。さらに「今後、太平洋を目標とする弾道ミサイル発射訓練を多く行い、戦略兵器の戦力化を積極的に進めなければならない」と語った。
 北朝鮮の戦略軍は火星12を4発同時に米領グアム島周辺に向けて発射する計画を検討中と表明しており、金委員長は改めてトランプ政権をけん制した形だ。
 朝鮮中央通信は、新型中距離弾道ミサイルの実戦運用能力を確定するため、「不意の機動と打撃(発射)」を組み合わせて行われたと強調。火星12は、予定された軌道に沿って北海道の渡島半島と襟裳岬上空を横切って通過し、北太平洋の海上に設定された目標水域に着弾、「周辺諸国の安全に何の影響も与えなかった」と主張した。

韓国とイラン、因縁の対決前に再び醜い争いが勃発



韓国とイラン、因縁の対決前に再び醜い争いが勃発


2018サッカーW杯ロシア大会アジア最終予選グループA、イラン対韓国。イランのアシュカン・デジャガ(右)のタックルを浴びる韓国の奇誠庸(2016年10月11日撮影)。
【AFP=時事】2018年サッカーW杯ロシア大会アジア最終予選、グループAの大一番である韓国対イランを前に、イラン陣営が割り当てられた練習場の状態を材料に、再び韓国側を挑発している。
 イランはすでにグループAの首位の座とロシア行きの切符を確保しているため、尻に火がついているのは韓国側だけということになる。現在グループ2位の韓国には、3位のウズベキスタンとの直接対決が次週に控えており、今回のイラン戦の結果次第では、敵地タシケントでの試合が生きるか死ぬかの決戦になる可能性もある。
 その中でイランのカルロス・ケイロス監督が28日、圧力鍋のかかった火の勢いをさらに強くするような行動に出た。ケイロス監督はソウルから27キロメートル離れた仁川の練習グラウンドについて、日本とともにW杯を開催した国とは思えない状態だと韓国メディアに不満を漏らしている。
「芝の状態は良くない。W杯を開催した国がこうだというのは、ちょっと考えられないね」
 これに対して韓国の申台龍(シン・テヨン)監督は、試合前の心理戦には乗らないとくぎを刺しつつ、こう反論した。
「昨年われわれがイランを訪れた際にどんな歓迎を受けたかは周知の事実。相手の心理戦に乗るつもりはない。私としては、彼らは丁重な扱いを受けていると思うよ」
 2016年10月、韓国はテヘランでの試合に0-1で敗れ、ケイロス監督が指揮を執るイラン戦の連敗が4に伸びた。そのとき韓国は、練習グラウンドの状態と、試合会場から遠く離れた宿泊施設にも悩まされた。
 こうしたやり取りは、両国の醜いののしり合いの長い歴史に加わった、新たな一ページにすぎない。
 W杯南アフリカ大会の予選で対戦した2009年には、当時のイラン代表主将ジャバド・ネクナムが、アザディ・スタジアムで「韓国は地獄を見る」と宣言して韓国を挑発した。
 さらに4年前の2013年には、テヘランの劣悪な練習施設に不満を抱いた当時の崔康煕(チェ・ガンヒ)監督が、ソウルでの一戦ではイランを予選敗退に追い込むのが楽しみだと言ってのけた。
 ケイロス監督が「イラン国民を侮辱した」と話して謝罪を求めても、崔監督は謝るどころか、ケイロス監督はW杯をテレビで見ることになるとさらに怒りをあおった。
 ところがソウルでの一戦でイランが1-0で勝利すると、ケイロス監督は韓国側のベンチをばかにするようなしぐさで挑発。これをきっかけに、イランの選手に向かって客席からペットボトルなどが次々に投げ込まれ、韓国がケイロス監督を提訴する事態が起こっている。【翻訳編集】AFPBB News

東芝半導体売却、日米韓連合にアップルが参加 WDとの合意見送り



東芝半導体売却、日米韓連合にアップルが参加 WDとの合意見送り
[東京 30日 ロイター] - 東芝<6502.T>の半導体メモリー事業の売却で、優先交渉先に選ばれていた「日米韓連合」が、新たな買収提案をしていたことが30日明らかになった。複数の関係筋によると、米アップル<AAPL.O>が加わり、総額2兆円超の買収資金を確保する。東芝は31日に開く取締役会で、交渉を進めてきた米ウエスタンデジタル(WD)<WDC.O>を中心にした日米連合との月内合意を見送り、この新提案やWDからの提案などを引き続き検討する。

 8月30日、複数の関係筋によると、東芝の半導体メモリー事業の売却で、優先交渉先に選ばれていた「日米韓連合」に米アップルを加えた新たな買収計画が提案されていることがわかった。写真は東芝のロゴマークが入ったプリント基板。2012年7月撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao/File Photo)
東芝は今年6月、メモリー子会社「東芝メモリ(TMC)」の売却で、米系ファンドのべイン・キャピタルとSKハイニックス<000660.KS>に、政府系ファンドの産業革新機構、日本政策投資銀行を加えた「日米韓連合」を優先交渉先に選定した。
この過程で、同売却を巡り東芝とWDが対立し、法廷闘争に発展。一方、革新機構や政投銀は買収の最終合意に向け、東芝側にWDとの係争の解決を求めた。このため東芝と日米韓連合との交渉はこう着状態に陥っていた。
他方、WDは、革新機構、政投銀、米系ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)<KKR.N>を加えた日米連合を形成し、東芝とTMCの買収協議を続け、スティーブ・ミリガン最高経営責任者も来日し、WDが出資割合を15%程度に引き下げることで最終的な合意を目指していた。
だが、WDの将来の出資比率や、次世代メモリーの協業体制などについて意見の相違が埋まらず、「月内の合意は困難な見通し」(関係者)となった。 
こうした中、べイン・キャピタルとSKハイニックスは前週末、TMCの大口顧客であるアップルが新たに買収連合へ加わる買収計画を東芝側に提案した。
関係者によると、べイン・SKハイニックス連合が1兆1000億円、アップルが最大4000億円の資金を提供。銀行の融資を加えて2兆円を超える規模の買収資金を確保する。また、東芝も2000億円を拠出し、TMCに関与する。
東芝とWDの訴訟問題が決着した場合、革新機構と政投銀はべイン・SKハイニックスなどによる今回の新たな買収スキームに加わるという。
今回、アップルが加わった「新日米韓連合」による提案が示されたことで、東芝は31日に開く取締役会で、難航しているWDとの合意は見送る。
今後の各国における独禁法審査の期間を考慮すると、売却完了までに東芝に残された時間は刻々と少なくなっている。メモリー事業の売却交渉の行方は、一段と混とんとしてた。
*内容を追加しました。
(浜田健太郎 布施太郎 編集:田巻一彦)

奥野副大臣「利用者は勉強を」 Jアラート不具合、発言撤回



奥野副大臣「利用者は勉強を」 Jアラート不具合、発言撤回
 奥野信亮総務副大臣は30日の参院外交防衛委員会で、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け作動した全国瞬時警報システム(Jアラート)が一部で伝わらなかった問題について「携帯電話を使っている方がもう少し勉強していれば」と述べ、利用者に原因の一部があるとの見方を示した。
 奥野氏は、直後に問題答弁との指摘を受けて発言を撤回した。
 奥野氏は「アンドロイド端末の一部に伝わらない事象が発生しているようだ」と説明。利用者が勉強していれば「(Jアラートが伝わる)無料アプリをインストールすれば、いけることになっている」と続けたところ、民進党の白真勲氏が問題発言だと撤回を求めた。

【日本人はすごかった】驚愕!中国軍と日本軍の大きな質的差異「シナ軍よりもよっぽど信用できる」大きな声では発言できなかった日本軍賞賛の数々に衝撃!...




大東亜戦争以前の支那大陸、清国が崩壊して軍属匪賊が跋扈、今で言うアフリカの内戦状態と同じような感じか。白人国家に分割され椅子取りゲームの中で小競り合い。支那の軍隊、国民党軍、共産党軍、その他匪賊山賊は敵と戦う前に民衆を攻撃し略奪強姦破壊の悪行を繰り返し。支那は長い歴史の中でこんな事の繰り返し。自分たちの悪行を


【日本人はすごかった】驚愕!中国軍と日本軍の大きな質的差異「シナ軍よりもよっぽど信用できる」大きな声では発言できなかった日本軍賞賛の数々に衝撃!...

【衝撃の告白!】「だまし討ちをしたのは米国だった」ルーズベルトの策に嵌められた共和党議員「日本は戦争を望んではいなかった」驚愕の真実!悲しすぎる...



世界の嫌われ者北朝鮮に弄ばれているようなトランプおやぢ(笑)
昔のアメリカ大統領だったら今頃戦争か。アメリカは先に手を出させたりフェイク報復で戦争を仕掛けていた。大東亜戦争も実はアメリカが仕掛けていた!まあ、これは後ろで糸引く共産主義者がいたりして。ベトナム戦争も侵略するための謀略があったりして泥沼化、実質敗戦なのに戦争犯罪は問われない。北朝鮮の挑発もここまでやられると実質宣戦布告とも思えるけど、なぜか手を出さない。


【衝撃の告白!】「だまし討ちをしたのは米国だった」ルーズベルトの策に嵌められた共和党議員「日本は戦争を望んではいなかった」驚愕の真実!悲しすぎる...

中華人民共和国国連大使、朝鮮半島の「大混乱や戦争」に反対 自制を要求



半島危機裏で糸引く二大国(笑)お前らが侵略して領土を広げなければ混乱が少ないのに(笑)

中国国連大使、朝鮮半島の「大混乱や戦争」に反対 自制を要求
[30日 ロイター] - 中国の劉結一国連大使は、米軍の新型迎撃ミサイルTHAADの韓国への配備を停止するよう求めるとともに、朝鮮半島でのいかなる「大混乱あるいは戦争」にも反対すると表明した。

 8月30日、中国の劉結一国連大使は、米軍の新型迎撃ミサイルTHAADの韓国への配備を停止するよう求めるとともに、朝鮮半島でのいかなる「大混乱あるいは戦争」にも反対すると表明した。写真は7月に国連本部で演説する同大使(2017年 ロイター/Carlo Allegri)
大使はまた、全ての当事国に自制を要求するとともに「状況悪化につながるような相互に挑発的な行動を控える」よう訴えた。
ロシアのネベンジャ国連大使は「朝鮮半島問題の軍事的解決はない」と主張。韓国でのTHAAD配備を取りやめ、米韓の合同軍事演習の規模を縮小するよう求めた。
また、両大使は北朝鮮に関連のある第三国の個人や企業に一方的制裁を科すことにも反対を表明した。

GJ!テキサスおやぢ ブルックヘヴン慰安婦像の糞害に憤慨



いいね!このビデオ。
アメリカにも韓流害毒が流れ込み韓流捏造歴史を信じちゃう人がいるから(笑)
一度韓魔力に侵された人はなかなか治癒できないからカリアゲのシンボル 慰安婦・洋公主像「ヤンコンちゃん」を見ても嘘だ、とは思わない。ヤンコンちゃんのモデルは在韓アメリカ軍に轢き殺された女学生。あんな少女が高額な稼ぎをする戦時中の売春婦であるはずもなく。ヤンコンちゃん、紙袋がお似合い。


"字幕【テキサス親父】ブルックヘヴン慰安婦像の糞害に憤慨" を YouTube で見る
https://youtu.be/sCo3Lj1ICms



中華人民共和国外務省、すべての関係国に自制求める 北朝鮮ミサイル発射で



躾が出来ていない駄犬のオーナーか?
吠えて噛み付く駄犬をコントロールできず逆ギレして被害者に悪態つくアホオーナーみたい(笑)お仕置きできないなら餌を与えないで欲しいぞ。狂犬病の犬は処分しないと大変な事になる。

中国外務省、すべての関係国に自制求める 北朝鮮ミサイル発射で
[北京 29日 ロイター] - 中国外務省の華春瑩報道官は29日の定例会見で、北朝鮮によるミサイル発射を受け、すべての関係国に自制を呼び掛けた。

 8月29日、中国外務省の華春瑩報道官は定例会見で、北朝鮮によるミサイル発射を受け、すべての関係国に自制を呼び掛けた。写真は1月北京で撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)
同報道官は、北朝鮮が国連決議に違反してミサイルを発射することには反対だとしつつ、制裁と圧力では北朝鮮問題を解決できないと指摘。米国と北朝鮮に対話するよう求めた。
また、オーストラリアのターンブル首相は、北朝鮮の主要な同盟国で貿易相手国でもある中国がもっと行動する必要があると指摘。オーストラリアのラジオに対し「中国は圧力を強めなければならない。中国はこれまで、他国と同じように北朝鮮のミサイル発射を非難しているが、独特の影響力を有しているために独特の責任も負っている」と述べた。