FC2ブログ

おやぢのGadget Diary!

Yahoo!Blogから引越ししてきました

中古ケータイってECOかもしれない

イメージ 1
ケータイ本体だけ、パッケージングされた中古ケータイ

秋葉原の中古パソコンショップで見かけた、中古のケータイ。
パッケージはケータイ本体とバッテリーだけ。
電源アダプター、アクセサリー、取扱説明書はない。
ゴミも少なくて済む。いっそのこと、パッケージそのものがなければ、と思うけれど、管理がたいへんだし、気にいったらレジにパッケージを持って行って、すぐ買えるコンビニ感覚がいい。
中古なら安いし、購入時のめんどくさい手続きもいらないし、気楽に買えるから便利だ。

後は、SIMロックがなくなって、通信会社の制限がなくなれば、最高なんだけれどね。

スポンサーサイト



ケータイのSIMロック規制がなくなる?かもしれない。

読売新聞より
総務省は27日、携帯電話端末を、通信契約した携帯電話会社経由でしか使えないようにしている「SIMロック」について、解除するよう携帯電話会社に求める方針を固めた。

SIMロック と聞いて、なんのことか分る人は少ない。
携帯事業者の都合で、ドコモのケータイはドコモでしか使えない仕組みのこと。
ドコモからナンバーポータビリリティでソフトバンクに番号を移したとき、ドコモで使っていたケータイは使えないからソフトバンクで新しくケータイを買わなければいけない。
そんなユーザーにとって不都合、不利益な仕組みを今まで放置していたけれど、やっと解除が出来るようになりそうだ。
でも、まだ問題が残りそう。
最初からSIMロックが解除されている訳ではなく、今使っているケータイも解除してくれる訳でもなく、前に使っていた、お蔵入りのケータイが対象。
これじゃ意味がない。

総務省は、ロックが解除されれば利用者の選択の幅が広がり、企業間の競争が激しくなって通話料の値下げや端末の性能向上などにもつながるとみている。そのため、NTTドコモなどの携帯電話会社に、契約から一定期間がたった次世代携帯電話の端末について、希望者にはSIMロックの解除に応じるよう求める。現行の端末を使っている利用者は対象外とする。

ユーザーにとってメリットがあることは、ノキアなりiPhoneなりの自分で使いたいケータイとドコモやソフトナンクの回線を組み合わせて使えること。
電波を管轄する人は、まだ事業者やメーカーのことでSIMロック解除に動いたようだけれど、ユーザーからすると、制限解除じゃなくって、そういう規制をすることがユーザーの不利益につながるから、撤廃させるのが正しい指導法だとおもうんだけれどな~

スカイツリーが日本一の高さになった~

新しい電波塔は、横浜の方が似合いそう
イメージ 1

テレビも新聞も、見物客も大騒ぎ。まだ建設中なのに、メディアもネタ切れ、見物客もよっぽど暇なんだろうね。
この東京スカイツリー、完成するのは来年末、実際にテレビ電波を発信するのは、その翌春。
そのときにはもっとすごい騒ぎになるんだろうな~日本人は新しいモノが好きだからね。

でも、どう見ても好きになれない。やっぱり見慣れたフォルムの 東京タワー の方が、カタチも好きだし、愛着もある。
それに立地も変な場所、下町ににょきっとそそり立つ電波塔は、昼間でも巨大だし、夜になると不気味な感じもする。もっと近い建物がたくさんある、横浜のランドタワーにでも立てたほうが良かったと思う。

なんか、NEXT ONEに似ているね、ソフトバンクのHTC Desire

 
イメージ 1
今年の春はスマートフォン激戦の始まりみたい。
ドコモのXperiaが4月に発売されるけれど、ソフトバンクからも Android? 搭載スマートフォン「HTC Desire?」が発売される。
この、HTCのDesire、3.7インチ有機ELディスプレーに1GHzの高速CPU「Snapdragon?」、最新のAndroid 2.1を搭載したハイスペックなAndroid 搭載スマートフォンだ!
でも、主な機能やサービスを見る限り、先に発売された、NEXT ONEとほぼ同じ。どこにソフトバンクのオリジナル機能やサービスを織り込んだのかわからない位の感じがいいね。

  主な機能
  • ミュージックプレイヤー
  • Bluetooth?
  • ウェブブラウザ
  • 世界対応ケータイ
  • 3Gハイスピード 7.2Mbps
  • GPS
  • Eメール(POP3/IMAP4)
  • SMS
  • Flash Lite?(4.0)
  • YouTube
  • Microsoft Exchange Active Sync連携
  • FMラジオ
もっとも、もれだけの機能をもったスマートフォンはほかにもあるから、別にソフトバンクから発売しなくても、ほかで買ってきて、そのまま使えるようぬしてくれればいいんだけれどね。
そうすれば、ナンバーポータビリティでドコモの回線に乗り換えても、端末を買い換えなくても済むのにね。

iPadの商標、アメリカでは富士通のものだったんだ~

富士通、米アップルに「iPad」名称譲渡 金額は秘密

へ~って感じ。
富士通も太っ腹なのか、アップルから高額な譲渡金をもらえるのか、せっかくアメリカで登録していたiPadの商標を譲り渡すなんて........
富士通だって、コンピュータやケータイを作っているんだから、iPadの名前で商品を作ればと思うのは、やっぱり庶民なんだな、と反省。

社会人になって、今みたいにコンピュータが一般的になる前は、ワープロが個人装備のGadgetだったので、富士通のワープロ、「オアシス」は愛用品だったし、初めて買ったパソコンも富士通だったから、愛着があるブランドだ。
セパレートケータイなんか作っている暇があるんだったら、iPadにまけないタブレットPCやスマートフォンを作って欲しいよ。
商標で金儲けなんて、あの昔の富士通はどこに行ってしまったんだ~

ビックカメラ有楽町店、iPhone8G特売中、まだあるかな?

イメージ 1

ビッカメ有楽町別館の特売iPhone8G

 ビックカメラ有楽町店別館 の特売で、旧型のiPhone8Gがワゴンに乗って特売されていた。
新規のみ、この価格お買い得だと思う。
でも、もうないかもしれないね~
8Gで3GSだから、容量や速度は新型に比べると落ちるけれど、初心者が使うにはぜんぜん問題ないと思う。
iPhoneを使ってみたけれど、イマイチ踏み切れない人も、これだけ安ければ、途中で解約したって、安いもの。
使えるか、使えないかは、実際に使わないとわからない。まずはお値段だよ!

日本最大級のiPhone売り場があるビックカメラ有楽町店

イメージ 1
なんじゃ、昔のソフマップ有楽町店だ
まだできたばかりか、有楽町本店に比べると、お客さんも店員さんも少ない。
実物も、アプリケーションも触りまくれる。まだ持っていない人には面白いお店だね、きっと。
持っている人には少々退屈。別に機能アプリのことで知りたいことは早々ないし。

一番気になるアクセサリー類はあまり置いていない。もっといろんなモノを扱って欲しい。
iPhone以外は、フツーのケータイ、PHS、アクセサリーとテレビ、レコーダー類。面白いのは自転車売り場。スポーツタイプからママチャリまで置いてある。
ここで買った人は、家まで乗っていくのかな?当然配送もあると思うけど。
お店の奥には、ブランドショップのコメ兵があるけれど、時間がないから今日は見ない。

1shopmobile.comではXperia、$749、あまり変わらないね

昨日エントリーした、SonyEricssonのXperia,アメリカの通販1shopmobile.comだと、$ 749.00 
MOUMANTAIとあまり値段が変わらない。
ちょっと高いような気がするけれど、ドコモから買うと、どうせ長期契約で料金に上乗せさせられちゃうから、結果的にはやすくなるのか。
Sony Ericsson XPERIA X10 (White)
Sony Ericsson XPERIA X10 introduces an open and integrated world of social media, communication and entertainment.
$ 749.00 
Key Features: 
- MP4/H.263/H.264/WMV player 
- MP3/eAAC+/WMA/WAV player 
- Google Search, Maps, Gmail, YouTube, Calendar, Google Talk 
- Document viewer 
- Voice memo 
- T9 
- 8 MP, 3264x2448 pixels, autofocus, LED flash 
- Wi-Fi 
- Bluetooth
Size: 
Dimensions: 119 x 63 x 13 mm 
Weight: 135 g
Network: 
2G Network: GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 
3G Network: HSDPA 900 / 1900 / 2100
ちゃんと3Gの2100が使える。
ドコモでもソフトバンクでも使える。
スマートフォンはこうじゃないとね!いけないよ。

Android搭載 SIMフリー Sony Ericsson Xperia X10もう発売してる~

イメージ 1
Sony Ericsson Xperia X10

ドコモから4月に発売されるけれど、MOUMANTAIではもう、Android搭載 SIMフリー Sony Ericsson Xperia X10 を発売している。
こっちはドコモバージョンとは違って、SIMフリーだから、ドコモでもソフトバンクでも使える。海外ではauもイーモバイルも使える。

こうやって、どこのケータイ回線でも使えるのが本当のスマートフォンだよね。
75,000円という金額はチト高いような気がするけれど、ドコモバージョンみたいに変な制限もないだろうから、高くないかもしれない。

でも、早速売り切れみたいだ~

いつになったら、SIMロックがなくなるのかね?


総務省は、携帯電話端末のSIMロックの在り方について、今後の検討の参考とするため、関係者からの公開ヒアリングを平成22年4月2日(金)に開催します。

なんか、間抜けなヒアリングだな~
SIMロックされたケータイは、キャリアにとっては都合がいいけれど、ユーザーにとって不都合・不利益だらけ。
同じ周波数を使うドコモとソフトバンク、一つのケータイで使い分けることが出来ない。
ソフトバンクからドコモにナンバーポータイリティで映るとき、またケータイ端末を買わなきゃいけない。

ヒアリングをするなら、利益を求める企業じゃなく、料金を払うユーザーから訊いて欲しいよ!

もっとも、日本のユーザーがSIMロックのことをどれだけ知っているか?
知らない人が多いからな~