FC2ブログ

おやぢのGadget Diary!

Yahoo!Blogから引越ししてきました

自転車や歩きでも使えるパーソナルナビ、ソニー

自転車や徒歩でも活躍!ソニー「ナブ・ユー」新モデル発表


イメージ 1
ソニー「ナブ・ユー」
ナビといえば、カーナビ。今乗っているクルマのナビもソニー製。
買ったときはかなり高かったけれど、今の主流は小型のモノが多い。金額も安くなったね。
ナビはクルマ用と思いきや、今度ソニーから発売される ナブ・ユー は自転車や歩いてでも使えるタイプだ。
まさにパーソナル・ナビ。
こいつのいいところは、ナビゲーションだけでなく、マルチメディアプレーヤーとしても使えること。
メモリースティック PRO デュオに保存した映像・画像、音楽ファイル、ビデオファイルを再生できること。
再生できるのは、静止画がJPEG、音楽がMP3・ATRAC・WMA・AAC・HE-AAC・リニアPCM、ビデオは/mpeg4(Simple Profile)・mpeg4 AVC(Baseline Profile)・WMV)、また、09年秋以降に発売されたソニー製ブルーレイレコーダーの「おでかけ転送」機能にも対応している。

自分でつかうなら、このマルチメディアプレーヤーとしての使い方が一番で、ナビは二番目になりそう。



スポンサーサイト



これで地上アナログ放送終了延期は決定的

アナログ放送が終了しても、CATVでしばらくは見られそうだ


しばらくニュースを見なかったけれど、いろんなことが起こったり、決まったりしている。
2月の19日には、総務省 が有線テレビジョン放送事業者と電気通信役務利用放送事業者に対し、地上デジタル放送への完全以降に向けた暫定的な措置として、従来のアナログ受信機でも視聴できるよう「デジアナ変換」の導入について検討するよう要請していた。
平たく言えば、CATVやフレッツ光で、地上デジタル放送で受信した番組をわざわざ地上アナログ放送に変換し、放送をお願いしたということだ。
監督官庁の総務省からの要請だから、Noとは言えない。これでCATVやフレッツ光でテレビを見ている人は、来年7月24日にアナログ放送が廃止になったって、そのままテレビを見ることが出来る。

でも、これって、実質アナログ放送終了延期の前フリみたいなもんで、敗北宣言の告知みたい。

そろそろ、地デジチューナー無償配布がはじまるかな?


□総務省のホームページ
http://www.soumu.go.jp/
□ニュースリリース
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu12_000014.html

Skype専用端末、IPEVO SO-20

この端末、国内だと正規に発売されていないね


イメージ 1
IPEVO SO-20
無線LAN環境下でスカイプの通話が出来る、IPEVP(アイピーボ)Skype専用端末 SO-20 が気になり、手首をかばいながら調べてみた。
このメーカーはアメリカの新興IT機器メーカーらしく、あまり知られていないけれど、魅力的な商品もある。
日本にも代理店があるけれど、この専用端末は、日本での通信規格をクリアしていないのか、まだ正規には販売されていない。
ヤフオクで、IPEVO S0-20 WI-FI Phone for Skype と検索すると、数点ヒットする。
大体2万円前後。今使っているロジテックのSkype専用端末とほぼ同様。
どうせ国内で正規に発売されていないなら、海外からと思い、e-bayで検索すると、出るわ出るわ!
アメリカではかなり普及しているらしく、100ドル前後からのものが多い。
100ドルを切る価格も結構ある。台湾の出品者が一番安かった。
台湾からはまだ買ったことがないけれど、ためしに買ってみようかな~



ドコモ、プリペイド携帯から完全撤退

プリペイドケータイは、旅行者やガキに持たせるのには最適なんだ~


ドコモ、プリペイド携帯から完全撤退 するんだ~
プリペイドのケータイ、海外では結構使われているのにね。
旅行者やちょいとケータイを使わなければいけないときに、すぐ使えて便利なのがプリペイド式ケータイ。
なんか日本はどんどん世界の流れから離れて行くような気がする。
子供に高価なケータイを持たせて、GPSやらネットで料金を巻き上げるようなやり方は好きじゃないね。
でも、まだソフトバンクでプリモバイルがあるから、ドコモなんか使う必要はないさ!


スカイプ専用端末、IPEVO S0-20 WI-FI Phone for Skype

IPEVOのスカイプ専用端末、かっちょいいな~


いいデザインだね、このスカイプ専用端末。
へたな国産のケータイより格好がいい。
無線LANがあればスカイプが使い放題だ~



KDDI、au one netで「WiMAXコース」を提供

au.KDDIのデータ通信は魅力的


KDDI、au one netで「WiMAXコース」を提供――UQのMVNOで出来るようになる。やっぱり、世の中は高速モバイルインターネットが主流だね。
auはいまさら使うことはないけれど、ケータイと支払いをセットにすると、月額料金が割引、3,980円は魅力的。

KDDIが「au one net」の利用者向けに「WiMAXコース」を提供する。UQコミュニケーションズのMVNOとして展開し、auケータイとのセット割引や、モバイルWiMAX対応機器のオンライン斡旋販売も行う。

 KDDIは、auのインターネット接続サービス「au one net」の利用者向けに、「WiMAXコース」を3月1日から提供する。UQコミュニケーションズのMVNO(仮想移動体通信事業者)として展開し、ユーザーはUQ WiMAXの提供エリアでモバイルWiMAXを利用できる。申し込みは「au one net(外部リンク)」のWebサイトから。

 通信速度は下り最大40Mbps、上り最大10Mbps。料金は初期費用が2835円、月額料金が4480円。なお、auケータイとWiMAXコースの契約者が「KDDIまとめて請求」を利用した場合、月額利用料を500円割り引き3980円とするキャンペーンも実施する。Eメールやブログ、「ウイルスバスター for au one net」など、au one netの付加サービスも利用できる。

 またKDDIは、オンキヨー製のWiMAX内蔵PC「C205A5」、NECアクセステクニカ製の無線LAN内蔵モバイルWiMAXルータ「AtermWM3300R」、USBアダプタ「Aterm WM3200U」などのモバイルWiMAX対応機器を、au one netのWebサイトで斡旋販売する。販売は3月1日の10時から。販売機器は順次追加する予定。


腱鞘炎は、バカがかかる病気?なのか

そういえば、モバイルバカ、ガジェットバカかもしれないな~


整形外科で腱鞘炎と診断されても、相変わらずパソコンやiPhoneをいじくり回している。
ネットで、腱鞘炎を探ると、ものすごい数がヒットしてくる。
面白いというか、ためになったのに、バカがなる病気? というのがあった。
馬鹿ではなく、仕事バカ、なんとこかバカ、ようは何でもやりすぎ、使いすぎの人がかかる病気らしい。
治すに一番いいのは、やっぱり安静、当面パソコンとiPhoneを使わないようにしないと、この病気は長引くらしい。

もう、寝ないとね。

竹島問題で韓国側の論拠崩す公文書発見

竹島は日本の領土だ~、盗人は出て行け~


サンケイ新聞によると、 竹島問題で韓国側の論拠崩す公文書発見されたらしい。
こういう公文書による証拠の積み重ねと、国内での啓蒙、教育そして海外への主張を続けていかないと、領土問題は解決しない。
竹島だけでなく、北方領土はいつ日本に帰ってくるのか分からないね。

これで少しは地デジ・地上デジタル放送が促進できるかな?

イメージ 1

無料で貸し出すなら、無料で配布がいいと思うよ、地デジの受信機器


□総務省デジサポ
「地デジ専用アンテナキット」の無償貸出しのお知らせ
http://digisuppo.jp/index.php/news/detail/564/
デジサポ(総務省テレビ受信者支援センター)では簡易なアンテナにより受信可否を判断する「地デジ専用アンテナキット」の無償貸出しを2月22日(月)から開始します。

デジサポもいろいろ頑張っているけれど、地デジ・地上デジタル放送の普及はぜんぜん普及していないみたい。
今度は、地域限定で、地デジが映るか映らないかを確認する受信キットを無料で貸してくれる。
いまどき地デジの準備をしていない人は、地デジがぜんぜん分からない、分かってもやる気がない、お金がない。そんな人がおおいと思う。一番多いのは独居老人らしいから、この貸し出しに応じる人は多くないと思う。
無料で貸し出すなら、映ったらそのまま無償までいかなくても、安価にそのまま使えるように出来ないもんかね?

このままじゃ、来年7月にアナログ放送の終了はできないよ!

docomo PRO series SC-01Bを発売

やっぱり自分には、タッチ式よりキーボードのほうがあっているみたい。


イメージ 1
サムスン製スマートフォン docomo PRO series SC-01Bを発売
今月26日、docomo PRO series SC-01Bを発売されるね。これは、サムスン製スマートフォン。
カタチは、自分が好きなストレートタイプ。コンパクトボディにタッチパネルとQWERTYキーを搭載している。やっぱり年寄りにはタッチ式より使い勝手がいいし、手首に負担をかけなくて済みそう。タッチ式は腱鞘炎の元だしね。
QWERTYキーボード搭載で長文メールやブログ、SNSもPCライクに入力可能。
中身はどうかよく分からん。待受ウィジェットなんて使わないし、電話帳から簡単タッチ操作で電話をかけたり、メールの作成の作成はiPhoneでも他のスマートフオンでも出来るしね。
問題は、OS。Windows Mobile 6.5が搭載されている。これは過去に痛い思いを何度かしている。
アプリケーションストア「Windows Marketplace for Mobile」もどうなんだろう。アップルのアプリケーションにどこまで迫れるか、結局はここが大問題。いまiPhoneで使っているアプリがどこまで揃うかね? 
 
ケータイとしては、メインのドコモ回線、imodeメールが使えないし、おサイフ機能はない。
でも、無線LANが付いているから、使ってみたい。