FC2ブログ

おやぢのGadget Diary!

Yahoo!Blogから引越ししてきました

地上デジタル放送はアメリカでも普及していないのか?

日本はどうなる?地上デジタル放送


アメリカは今年完全デジタル化、アナログ放送を廃止する予定だそうが、延期を巡って議会で紛糾している。
オバマ大統領も普及率の低さから、アナログ廃止を求め上院では延期が決まった。
□引用先:ITNikkei
米上院、デジタルテレビ移行の延期を可決
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=AT2M2702H%2027012009
【ワシントン=大隅隆】米上院本会議は26日、2月に予定していたアナログ地上波テレビ放送停止の延期を盛り込んだ法案を可決した。下院も近く採決する見通しで、成立すれば地上デジタル放送への完全移行は6月まで約4カ月延期される。

が、一転して下院では否決されている。
アメリカはデジタル化によって、入札による電波と新規参入を開放し、新たなビジネスチャンスを作ろうとしているから、いまさらやめるわけにはいかないからな~

□引用先:ITNikkei
地上波TVデジタル化、米下院は延期法案を否決
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=AS2M2901D%2029012009
【ワシントン=大隅隆】米下院本会議は28日、地上波テレビ放送のデジタル化延期法案を賛成258、反対168の反対多数で否決した。賛成票は下院(435議席)の過半数を上回ったが、同法案の可決に必要な3分の2は下回った。米上院は26日に同法案を可決しており、上下両院で異なる結果になった。

 延期を推進してきた民主党は週明けに再度法案採決を求める可能性がある。再採決時に法案が修正された場合、上院で再び採決する必要があり、法案の行方は混沌(こんとん)としている。

 延期法案は、2月に予定していたデジタルテレビ放送への完全移行を6月まで延期する内容で、オバマ政権も延期を求めていた。米メディアによると、下院は同法案の審議に際し、修正協議などを省いて議事を短縮する代わりに3分の2の賛成を必要とする方式を採用していた。

かたや、日本でもデジタル化が遅れている。
このままだと、予定の2011年7月24日までには、アナログは廃止できなさそう。
日本でも延期する場合、電波法の改正が必要だから、もめそう。

日本は新しいビジネスチャンスの創造より、既得権益を守りたい放送局が新規参入を許さないし、相変わらず番組もおもしろくないから、デジタル化のメリットを感じない人が多い。

B-CASカードを含め、無駄なもの多いし、このままデジタル化するより、一回リセットして、やり直したほうがいいと思う。

スポンサーサイト



au Cyber-ShotケータイS001が欲しくなってきた!

イメージ 1

旅行のお供にゃ、最適か、au Cyber-ShotケータイS001


au春の新製品の詳細記事がUPされている。
ウォークマンケータイもいいけど、Cyber-ShotケータイS001もいいな~
auやめちゃったけれど、ドコモかソフトバンクで発売されたら、すぐにでも買いたい。

ケータイもデジカメも複数台あるけれど、ふらりと散歩や手荷物の制限のある海外旅行に持っていくにはべんりだよな~

日常せいかつでも、オサイフ機能は便利だし、1台で何役もこなしてくれれば、体もらくだしね。

ほとんどデジタル機能もさることながら、なんといっても、

「ブログアップ」機能や、ソニーの液晶テレビ<ブラビア>に、携帯電話で撮影した写真をビジュアルポストカードとして送信できるソニーの新サービス「<ブラビア>ポストカード」にも対応、海外旅行先からでも、世界中へ感動の瞬間を発信できます。

というケータイからいろんなところに繋がっていく連続性が気に入った。
ほんとうに、au一社に販売させるのはもったいない。
ソニーエリクソンも堂々とソニーブランドで販売して欲しい!と本気で思った。

イー・モバイル、基本料金780円~

がんばれ~イー・モバイル!値下げ競争を加速して~


Willcomやドコモの上限付パケット定額制や、au、ソフトバンクの新製品発表会に紛れて、見逃していたけれど、イー・モバイルが新料金体系を発表している。

2年契約で、780円か~ソフトバンクのホワイトプランより200円安い。
加入者が少ないイー・モバイルだから、24時間加入者間無料のメリットが生かされるわけではないので、爆発的な加入が増えるかどうかは、わからない。

けどね、値段が安くなることは、ユーザーにとってはありがたいこと。
イー・モバイルを見習って、ドコモやソフトバンクが追随してくれれば良いけど。

□イー・モバイル:ニュースリリース
基本使用料780円で、イー・モバイルどうし24時間通話無料の
「がっちりコース ケータイ定額プラン」を導入
http://www.emobile.jp/cgi-bin/press.cgi?id=618
月額基本使用料780円でイー・モバイル加入者どうしの24時間通話し放題を実現する、「がっちりコース ケータイ定額プラン」
データ定額オプションのデータ通信料は、定額料1,000円と0.084円/パケットのパケット通信料(11,912パケット、1000円分までは無料)の合計となり、上限金額は月額4,980円です。

あと、イー・モバイルに望むことは、
1.ケータイのSIMロック解除
2.キャリアを越えたSMSの送受信

料金を安くしてくれるのもいいけれど、ケータイを自由に使えるようにして欲しい。


TV番組の録画・転送サービスは適法

海外でも日本のテレビが見たいときがあるからな~


たまに、海外に行ったとき、日本のテレビを見たいときがある。特に連続ドラマやスポーツなどは。
先進国のホテルではNHKの海外放送を流していたり、アジアの一部では、日本の衛星放送をながしているので、ニュースは何とか見ることができる。
でも、海外で長く生活する人々には、毎日のことだから、見たい番組を見る方法があれば、利用するのが当たり前。

テレビのデジタル化って、こういう場合の送信方法に役立つと思う。
インターネットで直接番組を見る仕組みを作り、見たいときに見ることができれば、ちゃんとお金は払う。

放送局もバカだねぇ、こんなことでお裁きをうけるよりも、もっとネットで有料番組を売ることを考えたほうが、いいと思うよ。

□引用元:ITNikkei
TV番組の録画・転送サービスは適法 知財高裁判決
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=AT1G2703H%2027012009
 日本国内で録画したテレビ番組をインターネットを使って海外でも視聴できるようにするサービスは著作権法に違反するとして、NHKと民放9社が運営会社に事業差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決が27日、知的財産高裁であった。田中信義裁判長は差し止めと賠償を命じた一審判決を取り消し、テレビ局側の請求を棄却した。
 インターネットを活用したテレビ番組を転送する新サービスに対し、著作権を持つテレビ局側が訴える裁判が相次いでいるが、デジタル技術の発展を踏まえ、新サービスを適法と認めた今回の判決は大きな影響を与えそうだ。
 サービスは日本デジタル家電(浜松市)が運営。海外に住む利用者が同社の管理する施設内に設置されたハードディスクレコーダー「ロクラク2」の親機を遠隔操作して番組を録画し、子機に転送して海外で視聴する仕組み。

WalkmanR Phone, Premier3 (ウォークマンフォンプレミアキューブ)

イメージ 1

WalkmanR Phone, Premier3 (ウォークマンフォンプレミアキューブ)

au 春の新製品、これが一番ほしいな~ウォークマンフォンプレミアキューブ


12機種の新製品の中で、一番欲しいと思ったのは、WalkmanR Phone, Premier3 (ウォークマンフォンプレミアキューブ)

なんと言っても、ウォークマンのにおいがぷんぷんする。
音楽をケータイに録音するとき、パソコンがなくてもダイレクトに録音できる、「ダイレクトエンコーディング録音」、高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を搭載し、付属品には、ソニー製の「大口径13.5mmEX高音質ステレオイヤホン」、充電しながら音楽を聴くことができるステレオスピーカー付卓上ホルダーが付いている。

これだけの機能があれば、新しくMPプレーヤーを買わなくてすむぐらい。

これ以外に、ワンセグTV、おサイフ機能があるので、生活の道具としても役立つ。
なんだか、ケータイとしての機能は、おまけみたい。

これぐらい主従が逆転しているケータイは、購入意欲をそそるものが充分あるのだけれど、残念ながら、auだからな~買わない。

ドコモに商品供給をやめて、auと蜜月関係になると、遠慮せずにイイモノを作れるんだ!とつくづく思う。早くドコモに限らず、ソニーブランドとして、自由に買えるようになればいいのにな~

□引用元:KDDI/auニュースリリース
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0129/besshi.html
WalkmanR Phone, Premier3 (ウォークマンフォンプレミアキューブ)~ "聴く""観る""拡がる" の3つのスタイルをこれ1台に。最強のエンタテインメントプレイヤー "WalkmanR Phone, Premier3" ~
ソニーのWalkmanR技術で高音質の音楽を "聴く"ソニーのWalkmanRにも搭載されている高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を搭載し、「クリアステレオ」「クリアベース」「DSEE」でこだわりの音楽を聴くことができます。LISMO新サービスEZ「着うたフルプラス?」にも対応し、レミオロメンの「Sakura」(Short Ver.) [体験版] がプリセットされているので、お買い上げ後、すぐにCD並の高音質サウンドを楽しむことが出来ます。
シアタースタイルで、シーンに応じた最高の使い勝手を踏まえたフォルムで "観る" 横開きで「LISMO Video」やワンセグを快適に観ることが出来ます。また、「LISMO Player」も横画面で操作でき、再生中は3種類のビジュアライザーで音楽を観て楽しめます。これらのコンテンツは、待受の状態で横開きスタイルにすると自動的に切り替わる「メディアランチャー?」の画面からスムーズに起動することができ、使いやすさを追求しました。
充実した機能やアクセサリで使い勝手が "拡がる"ケータイを閉じたままでも再生や曲送りなど、ミュージックプレイヤーとしての操作が可能です。また、最新のWalkmanR に搭載されている「ダイレクトエンコーディング録音」を搭載し、CDプレイヤーやMDプレイヤーなどを直接ケーブルでつないで、パソコンを使わなくても気軽に音楽を取り込み、曲名やアーティスト名などの楽曲情報を自動で取得することができます。付属品には、ソニー製の「大口径13.5mmEX高音質ステレオイヤホン」、充電しながら高音質で音楽を楽しめるステレオスピーカー付卓上ホルダ、ケータイをかばんやポケットに入れても手元で操作ができるマイク付リモコン、音楽・写真・動画をたくさん保存できるmicroSD (2GB) と、音楽や映像を満喫できるアイテムが充実しています。

□ケータイWatchに紹介記事、詳細にでています。
縦横に開くWalkman Phone「Premier3」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/43756.html

ソフトバンクの春の新製品は9機種だった!

イメージ 1

SoftBank 731SC(サムスン製)

昨年の新製品ラッシュに比べると、ちょっと寂しいソフトバンク春の新製品


昨年に比べると寂しい感じがしてならない。いつもならラインアップにあるノキアがないせいかも知れないが、夏や冬の新製品ラッシュに比べると....春はたった9機種! 意外な感じでした。



ソフトバンク春の新製品で欲しいケータイをひとつだけ選ぶとすると!

これしかない、サムスンの 731SC。冬にプリモバイル専用機種として販売された730SCにネット接続機能を付けただけのシンプルな構成。

ノキア亡き後、海外製品で期待ができるのは、サムスンとLGの韓国勢かな?

□引用元:ケータイWatch
ストレートでコンパクトな「731SC」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/43749.html
ストレート端末でコンパクトながら、ドームキーを採用しており、押しやすさには配慮されている。全体的に丸みを帯びた形状で、コンパクトさと相まって手にすっぽり収まる。

 機能やサービスへの対応は必要最小限で、その分価格が安価に抑えられるとのこと。2インチ、QVGAサイズのTFT液晶ディスプレイや130万画素カメラを装備する。また、主な対応サービス・機能は、音楽再生やPCサイトブラウザ、デコレメール、ドキュメントビューアー。microSDHCスロット(最大4GB)や、赤外線通信機能などを備える。カメラは131万画素で、CMOSセンサーを採用した。ワンセグやおサイフケータイ、GPS、PCメール、Bluetooth、モバイルウィジェットなどには対応しない。


Softbank春の新製品発表会も今日だった!

イメージ 1

Softbank春の新製品発表会 本日14:30~


お笑いライブ中継付きのソフトバンク春の新製品発表会、見たいけれど、もう昼休みが終わっちゃう!

ノキア亡き後、期待できる製品はなさそう。

早く見てみたい!

au春の新製品発表してるな~

イメージ 1

au春の新製品は全部で12機種!


KDDIが、携帯電話の2009年春モデル 発表している。既に発表されている法人向け2モデルと合わせると、全部で12機種。

昨日、au春の新製品リーク をエントリーしてるけれど、やっぱり前評判を煽るための前宣伝だったのかな~


SONY Webbie HD by Youtube


Youtubeを見ていたら、もうSONY Webbieの映像がUPされている。
さすが、Youtube用ビデオカメラという感じで、ビデオ投稿の道具としては面白そう。

実際に触っていないから、質感や性能はわからないが、値段が値段だけに、ちゃちい感じがする。

SONYのロゴがなければ、どこのメーカーだか分からないようなデザイン。
SONYのイメージとは離れていると思う。

でも、そんな外見ではなく、Youtube投稿用ビデオカメラと割り切れば、やっぱり安い。

日本で販売しようとすると、画像の質を高めたり、レンズを高級にして、無線LANまでつけて、結果的には、数倍するような価格になっちゃうんだろうな~

国内で販売しなくても、アメリカのSONYから通販で買えるようになればいいのにね。
今なら円高だから、よりお買い得感があるからな~


ドコモもパケット定額でパソコンが繋げるようになるんだ~

ドコモ、パケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」を改定


先日、Willcom のパケット上限定額の発表があったばかりで、ドコモも追いかけるようにパケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」 を改定するお知らせがあった。

Willcomの上限2,800円にくらべると、上限13,650円は個人使用では高すぎ!法人や大口個人ユーザー向けなんだろうな~

■ニュースリリース:パケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」を改定
-PCなどを利用したパケット通信も定額の対象に-
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/090127_00.html
今回の改定により、国内においては、従来のiモードR利用時の上限4,410円(税込)、iモードフルブラウザ利用時の上限5,985円(税込)に加え、新たにPCなどの利用時においても上限13,650円(税込)の定額にて安心してデータ通信を行うことができます。